カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

寂しい時に飲む薬

無性に寂しさを感じる時

心細い時にも

抗不安薬は役に立ってくれる

 

眠くなり、心がゆるく穏やかになり

寝逃げできる

 

さっきリフレックスを半錠飲んだ

 

もう眠たくなってきている

希死念慮も抑えられる

 

メールの返信がこないのも

気にならなくなる

 

 

仕事のまえは飲めないが

睡眠前なら飲めるし

眠りも深くていい

 

 

 

一緒に逝けたら

ガンサバイバーの友人から

LINEがきた

 

検査の結果、やはり肝臓に転移した

がん細胞がよくない影響をもたらし

1ヶ月後くらいには

あまり動けなくなると

医者から言われた、と。

 

「今のうち、出かけたいところに

どんどん出かけるよ。

すきなもの食べたりね」と

前向きなそぶりを見せているが

どれだけ心細いだろう

 

代われるものなら代わりたい

 

すぐにでも会いにいって

一緒に出かけたいところに行きたい

カフェでお茶したり

いろいろ話したり

 

動けなくなっても会いにいって

痛いところをさすったり

一緒に泣いたりして

そばにいてあげたい

 

涙が出る

 

一緒に逝きたい

 

なんで私は生きてるのだろう

 

死に近づく友人

実家に戻っていた頃

 

うつ病治療中だったが

資格をとるために

あるスクールに通っていた

 

そこで知り合った人と

色々と話すようになり

LINEを交換して

スクールが終わってからも

たびたびお茶をするようになった

 

彼女はガンサバイバー

治療の影響で髪が短く

帽子をかぶっている

 

学校の授業中、老後をどう生きるかの

テーマについて講師が「何歳まで生きたいか」

という質問をした時、彼女は

「オリンピックまでは生きたい」と答えた

 

 

そんな彼女が

スクールが終わる少し前

「ガンが再発した」と言った

 

 

離島に越して来る前に

ちょくちょくスタバのソファ席で

時間も忘れて話した

 

色んな抗がん剤を投与したけど

数値があがらず成果が出ないことを

たんたんと、人ごとのように話していた

 

最後の抗がん剤投与の後、

医者に「もうすることはない」と

言われた、と。

 

「まだ全然、元気だよ

食欲あるし、ビールも飲んでるし

どこも痛くないしね、実感ないよ」と

平気そうに振る舞う。

 

 

そんな彼女に私はいつも

弱音をはくようなLINEを送ってしまっている

そして励まされている

 

 

だけど、今日きたLINEでは

「肝臓のあたりが痛い、腫れていると

言われた。肝臓にも転移してるしね」

とあった

 

私は離島においで、と誘ったが

僻地の離島に来るには

フェリーに13時間以上乗っても大丈夫な体力がいる

 

夏に実家に帰るからその時会おう、と

送った

 

元気で会えるだろうか

 

寿命をあげることができるなら

全部あげたい

 

弱っていったりするのをみるのは

耐えられない

 

 

f:id:nanotherapica:20170312005859j:image

 

 

 

一緒に死のう

あるサイトに

コメントを載せたことがきっかけで

女子大生とメールのやり取りをしている

 

彼女もわたしと似たような症状で

うつ病特有の希死念慮がつきまとい

未来に不安を抱えているが

通院はしていない

 

最初は「一緒に死にませんか」という

内容だったが

メールのやり取りをしていくうちに

話題が明るくなり

前向きな内容が多くなったので

安心していた

 

でもここ数日、メールの返信がこなかったので

少し心配した

鬱っぽい人が、突然関係を絶ったり連絡を途絶えさせるのは

普通のことなので

ああ、もうメールはこないんだなと

思っていた

 

昨日、数日ぶりにメールが届いた

就職を前にして

やはり死ぬしかない、と思っている

焦燥感あふれた内容だった

 

その気持ちはすごくわかるので

受容し、共感し、否定せず

通院することと、身近な誰かに打ち明けることを

お願いした

 

私が近くにいれば、いっしょに心療内科に行ったり

悩みを聞いたりしてあげられるのに・・・

 

しかしそんな私もこの僻地の離島で

死に場所をさがすような状態だ

 

離島に招いていっしょに逝ってもいいような気もする

 

f:id:nanotherapica:20170304171057j:image 

 

助けてあげられる人

今日は天気が不安定で

海もしけている

 

晴れ間があったので

海を見に丘へ行こうかと思ったら

また雨が降り出す

 

夜は島の会合がある

それまで寝ていよう

 

デパスを飲んだ

 

島には◯◯会や◯◯団というのが

いくつかあって、

老人会やら婦人会やら、

なにかしらに所属し、

仕事以外で島のために働くのだ。

 

人間社会というのは

不思議だ

やらなくていいことをかなり

やっている気がする

 

ベーシックインカムが導入されたら

私みたいに生きる意欲のない者は

何もしないだろう

 

困っている人を助けたい気持ちはあるが

自分の自律神経との兼ね合いで

わりと人を助けられないんだなと思う

 

人を助けてあげられる自分が理想だが

実際は、非力で鬱で

助けてほしい人なんだと思うと

自己嫌悪に陥る

 

島で得る収入の一部を

何かの寄付に使ったり

 

高齢者の話を聞いてあげるくらいだろうか…

 

寿命があげられたら

全部あげるのに…

 

 

 

 

楽になる薬

昨日から希死念慮

消えない

 

リフレックスを飲んで、

寝る前は心穏やかだった

 

いつも寝る前が一番安心している

 

起きる時が最悪だ。

新しい朝なんていらないし

1日の始まりなんて

うんざりする

 

 

島の人が

「結婚しなさい」と言う

 

誰かと暮らしたら

気がまぎれるだろうか

 

島の人が「あの人はどう?奥さんに死なれて

お子さんもいないよ。

年金もたくさん貰えるはずよ」と

勧めてきた人は

20歳も上なんですけど…

 

優しそうな人だけど

枯れ専ではないし

無理に結婚を考えるほど

寂しくはないし

 

やはり死ぬのが一番の望みである

 

気持ちが楽になる薬はいらない

楽に死ねる薬がほしい

f:id:nanotherapica:20170228165152j:image

離島に船がきた。

月に何回かしか来ないから

ここの島は僻地とされている。

 

 

 

 

ガジュマルで首が吊れるか

今日は久々の休みだ

 

といっても狭く小さな離島で

どこにいくあてもない

 

集落から離れて歩き

死に場所をみつけるのが

ささやかな楽しみだなんて

人には言えない

 f:id:nanotherapica:20170302160516j:image

 

ガジュマルが、いい蔓をのばしている

地中にもぐり、根っこになる前の蔓は

首を吊るのに適しているかも

 

ガジュマルと一体化して死ねたら

幸せかもしれない

 

そんなことを思いながらする散歩は

少し安らかだ

 

親がまだ生きているとか

しんだら悲しむ人がいるよとか

 

そんなのはもうどうでもよくなった

 

お迎えが来ないから

こちらから逝くのみ