カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と奇妙な同居生活

若さへの執着(醜形恐怖症)

最近ほうれい線が 直らなくなってきた 高齢の波に飲みこまれそうである 2年前、離島に働きに行ったときは もっと若かった 遠目からみて20代に見えると言われた 近くで見ても30代に見られ 歳をいうと皆びっくりした 高齢者からは 「あんたも嫁に行かんにゃな…

(元)夫在宅ストレス症候群

離婚同居が始まってから4ヶ月がたとうとしている 距離感はずっと「元夫婦」で 家にいる時は、同じ部屋にいることはない 土日、元夫が家にいる時などは ごはんを一緒に食べたり、食べに行ったりすることもある ただ、むこうがどんどん 「私が家にいて家事を…

「死にたい人」と「生きたい人」をマッチング

以下は妄想です。 私のやりたい事業、 「楽に逝きたい人」と「病気だけど生きたい人」 のマッチング もちろん、公にはできませんけども。 需要あると思う。 この国は毎年 災害や戦争レベルの自◯者がいる だけどその中には、環境さえ整えば 死ななくてもいい…

自◯ほう助、または◯すことが究極の愛

オーストラリアに安楽死団体がある。 イグジット・インターナショナルだ。 https://exitinternational.net (日本人も加入可能) この団体は自◯ほう助マシーンの設計図をネットで 無料公開している。実に画期的だ。 オーストラリアは来年、安楽死が合法とな…

離婚したのに世話をする必要ないよね

昨日に引き続き、グチになるんだけども。 いいよね、このブログは私の内面を包み隠さず 吐き出すためのもので 誰かに読まれることを前提として綴っていないのだから・・・ 元夫と離婚同居し始めてから、早2ヶ月と少し。 もといた家に帰ってきたら、元夫が先…

鈍感な人間が羨ましい

今日はグチだから 読み飛ばしてください (いつもグチのようなものだけど) 端的にいうと うちに隣接してる一家族が 下品でとても不快なのだ (近所は子供がいても 比較的、上品で 挨拶も普通にするし マナーをわきまえてるいると思われるが) 不運なことに …

「死にたい」は「帰りたい」と同義語

遊園地に行ったとしましょう どんなに楽しくても 夜になったら 疲れたら 満足したら 家に帰りますよね? 私の「死にたい」は そんな「帰りたい」なのです ジェットコースターにも乗りました メリーゴーランドにも乗りました お化け屋敷にも入りました ランチ…

心療内科受診の日

今朝、元夫が「体調悪い」と言って 会社に行かず寝込んだので 私はパンを買いに車を走らせた 店の前に停めると少し揺れを感じた 風かな?と思ったら 関西地方の実家の母からlineが。 「すごく揺れたよー」 わぁ、地震だったのか 元夫は午後から会社に行こう…

自分で人生を終わらせる映画

ーーーー自分で人生を終わらせるーーーー そんな素敵な映画があったのを最近知った。 実話をもとにした映画で邦題は 「92歳のパリジェンヌ」 アマゾンプライムなら400円で見られる。 人生を何もかも自分で決めてきた彼女が 人生を終わらせる時も自分で…

いい映画を見ると死にたくなる症状

昨日からの梅雨の雨で 死にたくなってる 特に昨夜の豪雨は音がすごくて 恐怖を感じた デパスを飲んで、 イヤホンで音楽を聴いても しんどかった 気を紛らわすために ドラマの一気見をしたり 映画を見たりした さっき、ドラマを見終わった そしたら急に死にた…

出生を管理された物語

懐かしいアニメをAmazonプライムで見た 1980年公開の「地球(テラ)へ」 作・竹宮惠子 未来のストーリーで 人間のせいで汚染された地球を離れ 完全にコンピューターで整備された 社会を別の惑星に作って 人類を存続させていた 人間を機械によって生まれさせ …

今日はいい天気ですね死にたい

今日は土曜なのに 元夫は会社に出て仕事をするという しかも泊まりで明日の朝までに 仕事を終えさせたいと言っていた 昔からこんな調子だ とにかく寝ないで仕事をするのが 得意なのだ 過集中型のアスペルガーなのだろう いつ何時も努力し 情報をインプットし…

精神寿命

リフレックスが新たに追加になってから 異変が起きている 最初に飲んだ夜に 寝入ってからしゃっくりが止まらなくなった 廊下を挟んで向かいの部屋に寝ている 元夫が「大丈夫?」と起こしてきた 「どこかの犬が鳴いているのかと思った」と。 それからもずっと…

手帳を申請しようかな

今日もハローワークに行った 求人を見たり相談をしたりしないと 就職活動をしていると みなされないからだ どの求人を見ても 働けそうにない 働くのが怖い 島ではあんなに働いていたのに 家に引きこもると心が弱くなるんだな 昨日飲んだリフレックスのせいで…

薬が増えた

心療内科に毎週行っている 合う薬を模索しているためだ サインバルタが3錠に増えても 意欲低下のまま 外に出るのが怖い しんどい 死にたくなる という症状のため 今日はリフレックスが1錠増えた 薬どんどん増えるなぁ 「このままだと、入院も視野にいれて」…

しんどい

ハロワに行った 失業保険の受給説明会で 約3時間の講習だったが しんどかった 説明してる、おじさんの 話す内容が頭に入らない 受講する人が多くて 室内は満席状態 失業保険を受け取るには セミナーや講習を受けたり 就職の相談をしなくてはならない それも…

自立支援医療の申請をした

課税証明書が届いたので 市役所に行って 医師の診断書を提出して 自立支援医療の申請をした 申請自体は数分ですんだ 県に提出するそうで 通知がくるのは2ヶ月先だというが 申請書の控えがあれば 本日から適用される (病院による) 自治体によるが 実家方面…

市役所に行った

自立支援医療の申請を しようと思って 市役所の福祉課に行った 手続きに、市町民税の課税証明書が 必要とのことで 納税課に行った そしたら、「今年の1月1日に住んでた所の 役場じゃないと発行できない」という でたよ、お役所仕事 なんで繋がってないの? …

ハローワークに行った

おとといの金曜に ハローワークに行った 離職票を渡し、 失業保険を受ける手続きをした 人と会話をすることや 歩くことがおっくうになってきている 信号待ちで、フラフラし しゃがみ込みたくなる スーパーに立ち寄って 買い物をしている時 目当てのものが見…

心療内科に行った

退職して戻ってきて まだ心が不安定なので 薬をもらうために 心療内科に行った。 以前通っていた実家方面の 心療内科から紹介状が FAXで届いていた。 初診なので色々と記入する用紙を もらったのだが 出身地や、本籍を書く欄があったり 親の名前や住所と電話…

元夫との同居生活

元夫と奇妙な同居生活が始まった 部屋の掃除と粗大ゴミの搬出などに 追われている 私は元夫のご飯を作ったり 洗濯したり、駅まで車で送迎したり 結婚していた頃と あまり変わらないことをしている 変わったことといえば 寝る部屋は別々 お互いのプライベート…

くつろげない実家

先日、実家に帰った うちから新幹線で2時間半くらいだ。 島から出てから まだ帰ってなかったので 久しぶりの帰省だ。 うちの両親は毎朝 朝ドラを見た後、 窓と玄関をあけて 家中掃除をする 父が掃除機をかけ 母がハタキでホコリをはらう そのあと、父がドア…

静寂が欲しい

(同居することになった)元夫が 一人でミラノに旅行に行っている 久々に一人を満喫している 無職だし 誰にも用事がなく 誰からも連絡のない 完全な一人の時間 いつ寝てもいいし いつ食べてもいい ただ、近隣は子供が多く ここは別荘地なのに うちの両隣と裏…

「洗面器買ってもいいですか」

元夫との同居生活をはじめて 5日がすぎた 特にルールを決めるわけでもなく これからの話をするわけでもなく 荷ほどきや掃除、買い物をして 過ごしている 私が気まぐれに作ったご飯を 「美味しい」といって食べ 洗濯してあげたタオルが 「フワフワだね、なん…

元夫と一緒に帰った

とうとう私は島を出た 晴れた日だったので 港に見送りに来てくれたひとが 何人かいて 泣いてくれてる人もいた その前に私が号泣していたのだが… 船の中でも思い出して 涙が止まらなかった そういう時は リーゼを飲むと落ち着くのだ 家にすぐ帰っても 荷物が…

驚愕の事実に震えている

来週には島を出る 荷造りはあまり進んでいない 引っ越しのたびに思うのだが 小さい頃からのアルバムが 未だ捨てられない 卒業アルバムや卒業証書もだ。 これを捨てられたら もっと身軽になれるのだろうか 先日、元夫に電話した 「お疲れ様でしたね」と優しい…

人の世話はしない方がいい

人の世話をする職業は だいたい所得が低く 長時間労働だ 保育士、教師、介護士、看護士 人手不足で仕事が回らなく 労働基準法違反の長時間労働で 身を削りながら まるで仕事をするためだけに 生きている状態 人のために何かすること 人のために支援する仕事…

人間関係は作らない

島に住んでる移住者が 何か言ったり行動すると 批判をしたがる高齢者がいる 普通に暮らしているだけでも 文句を言う人がいる 「島の人に対して 何もしていない」とか 「もうちょっと島のために 役に立つようなことすればいいのに」とか 何か話すと 「礼儀が…

脳のリセット

今朝、目覚ましが鳴って起きた時 あれ、ここはどこで 今日何か予定があるんだっけ と思い出すのに時間がかかった 久々に脳がリセットされたような 深い眠りだった 時々、こういう眠りが必要なのだ 脳疲労がとれるような気がする 社会人になってから何年もた…

孤独と引き換えに

3月になった 今月で仕事を辞めて 来月には島を出る 元夫と暮らしていた 別荘地の一軒家にとりあえず戻る (今は誰も住んでいない) ある意味、人生で一番自由な 時間になる 夫も子供もいない 親は元気で遠くに住んでいる 学生でも社会人でもない 誰も私に用…