カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

パニック障害 治し方

2015年、冬

 

夫とほとんど口をきかなくなり

夫からメールがこなくなり

駅まで車で迎えにいくこともなくなり

土日も出勤して家にいることがなくなり

 

どんどん私の心は凍りついていった

 

日中、強い不安で起き上がれなくなり、

食事を作ることができなくなり

食べられなくなり

どんどん痩せていった

 

ある夜中、

突然動悸がはげしくなり、目が覚めた

汗をびっしょりかいていて

起き上がっても動悸がはげしく

手の震えと、強い不安

「死ぬかも」という恐怖

 

思わず寝ている夫に声をかけたが起きない

 

10分ほど、布団のうえでオロオロしていたが

しばらくすると動悸がおさまった

 

その日から続けて3日、同じことがおきた

いわゆるパニック障害の発作だ

 

私はセラピストをやっていたので

お客さんに体や健康のアドバイスをしていた経験から

パニック障害という名前は知っていた

 

そして自分の体に起きたことは、自力で治すという

信念をもっている

(もちろん病院に行くが、治してもらうというよりは

自力で治すのに、病院に協力してもらうという意識だ)

今までに難治の病気にかかったことがあるが

苦労して治した経験もある

 

 

こんなやっかいな発作はもうおこってほしくない

どうやったら発作は起きないか

発作が起きた時に注意深く体の様子を観察した

長くなるので省略するが

以下の方法を試したら発作がピタリと治まった

 

・膀胱を空にしておく(こまめにトイレにいく)

・口が乾いていない状態にする(水の入ったコップを常に手元に)

腹式呼吸をする

・後頭部をもむ

 

後頭部をもんだときに、押して痛いと感じるツボや

なんとなく押すと手応えを感じるツボを

指で強く押し続ける

 

 

あれ以来、パニック障害の発作は起きていない

 

そして、うつ病はいま自力で治していこうとしている途中で

減薬を試みている

病院のない離島に来月から住む予定だから・・・