読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。過去の出来事を浄化する(忘れていく)べく綴るブログ

死ぬ場所を求めて旅に出た(後編)

体験談

青春18切符で電車にのり

西へ下って

九州の南にきた

 

途中、ドミトリーに泊まったり

ビジネスホテルに泊まったりしながら

 

親には時々メールを入れた

 

フェリーに乗ろうとしたが

台風が来たので

ドミトリーで延泊してすごし

 

そして離島へいくフェリーに乗った

 

旅をしている間も

抗うつ薬抗不安薬を飲んではいたものの

死にたいという気持ちは不思議と湧いてこなかった

 

離島についたら、どうなるかな

死ぬ場所がみつかるか、

家に帰りたくなるか…

 

 

小さな島に降りた

宿の人が迎えに来てくれていた

 

客は私一人

 

ご飯をいただき、島のことを聞いたり

散策したりした

 

しかし何もない島だった

明日帰ろうかな…

島に来てもなにも変わらなかった

 

後から聞いた話だが

この島に、死にに来た人がかつて

何人かいたそうだ。

 

同じことを考える人がいるもんだ

 

夜ご飯を食べながら

宿のおかみさんに聞いてみた

「この島でスタッフ募集してるとこ

ありますかね」

 

 

「あるよ」と一言

 

島では移住者も募っているらしい

 

その夜

小さな福祉施設を紹介してくれた

そこのスタッフたちは私よりも若く

優しそうな人たちだった

快く受け入れてくれた

採用前提で話がすすんでしまった

 

私は帰る日を伸ばしてみることにした

 

 

f:id:nanotherapica:20170211112646j:image

 

島を一周したり、ビーチで泳いだりしてみた

 

島にいる間は

希死念慮はなく

どうやって生きようか、と

考え始めていた

 

島で働くには

村営住宅に住まないといけないが

その調整を村役場がやっているので

許可がないと住めない、とのことで

 

「許可がでたら、島にきます」

と言い、

私は島を後にした

 

 

働く場所と

生きていく場所が

見つかったかもしれない

 

 

でも、住居の空き待ちである

 

運命の流れに

任せることにした