カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

死に活

細胞が終わり始め

後は老いていくだけ

 

そろそろ死に活をせねば。

 

いわゆる経済的な「死活問題」とは違う

 

「死ぬ活動」だ。

 

 

死に活というのは

自殺より少しポジティブな

死の選択というのだろうか

 

病気になり、治療をせず

死ぬのをまつ消極的な死より

いつ、どこで人生に幕を閉じるかを

選ぶ積極的な逝き方だ。

 

海外で、ガンの患者が

安楽死を選び、ネットで騒がれていたが

 

家族ともきちんとお別れができ

身辺整理も心の準備もできる

理想的な死に方だ。

 

終活とはまたちがう。

残された家族のために

身辺整理したり、遺言を残したり、は

同じことができると思うが

 

「いつ死ぬか」を自分で決められることが

究極の個人の自由である

と思う

 

医者の処方箋をもらうように

普通に安楽死の薬を受け取りたい

 

いつ死ぬかを自分で決められると

人生も濃く生きられる

生き方と逝き方を個人で決められるのだ。