読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

島のじいちゃん

時々、会う近所のおじいちゃん

 

何歳くらいなんだろう

80は超えてるだろうな

 

でもなんとなく

かわいくて

癒される

 

人が住めるとは思えないとこに

住んでて

びっくりしたけど

 

なんでも器用に自分で手作りしている

 

家族はどこかの県にいるんだろうけど

一人で住んでいる

 

島には独居のお年寄りが

わりといる

 

伴侶が先にいってしまい

子供はいても遠方にいたり

いなかったり

 

聞いてみたい

それでも生きてる理由を

 

日々、何を思っているのか

それとも達観しているのか

 

島の高齢者は

みんな優しい

(おばちゃんは愚痴が多めだけど)

 

70を超えたあたりから

穏やかになってくる

島に住んでるからか

そういう気質の人が多いからか

 

 

優しい人たちを見守る仕事に就けて

よかったのかもしれない