カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

仙人になるには

仙人のようになりたい、と

おもっていた時があった

 f:id:nanotherapica:20170907172620j:image

 

不老不死の「不老」の部分に

強い興味があった

 

老いてなお生きることに

今も恐怖を感じている

 

若い容姿を保つにはどうすればいいか

 

常々考えている

 

断食をしたり、瞑想やヨガ

などもしてみたり

 超少食を心がけている

 

容姿も若いままで
食べることも極力しないでいいなら

人間社会へ依存しなくていいし
幸福度があがるかもしれない

 

 

 

仙人は、道教の神らしい

ここのページに書いてあった

 http://scoby.blog.fc2.com/blog-entry-1100.html

 

もっとも頷けたのはこの言葉

 

自分を捨て欲を捨て、命さえも惜しまないというのは、
仏教の無常観と似たところがあります。ただし違うのは、
仏教では輪廻からの解脱が目的であるのに対して、道教の場合、
あくまでも生きたままこの世にとどまり、
仙界と人界を自在に行ききすることにあります。

これらの仙人は、いまだに雲の上を飛び回っているということですが、
その永劫にも近い時間は、自分という意識や我欲があっては、耐えることができないのです。

 

 

仙人は老いや病気では死なない

長く生きるのには

自分という意識があっては耐えられない

 

 

これは仙人ではなくても

人間でもそうだ

 

意識があっては、たとえ人間の数十年の

寿命ですら

この世は生きるのには耐えられない

 

 

自我をなくし

執着をなくすには

仙人になるような修業が

必要なのだ