カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

辞めたいし死にたい

今日は社内研修があり

夜勤明けの働かない頭で参加した

 

それだけでもキャパオーバーなのに

 

大変なお知らせがあった

 

職員2人が、来年島を離れていくというのだ。

 

1人は結婚、1人は海外の事業に参加ということで

前々から薄々は告知されていたのだが

 

職員が4人しかいないのに2人もいなくなるなんて…

 

 

部屋に帰ってから

デパス飲んで泣いた

 

その人たちがいたから、

移住してこれたようなものだし

今まで続けられてたのだ

 

どうしよう

 

パートさんも「もう仕事大変だから」と

言って辞めそうな雰囲気だし

1人は入院していて、今後シフトに

あまり入れなさそうだし

 

空中分解しそうである

 

ああもう死ぬしかない

(認知の歪み)

 

 

辞めようか迷っている時に

みんなが辞めていき

残されそうになっている

 

この流れにのって辞めるか

 

でも、そしたらどこへいく…?

 

ああやっぱり死にたい

 

よく「死ぬくらいなら辞めればいいのに」と

いう人がいるが

 

辞める=死ぬ

 

という図式も、追い詰められた人の

脳内に存在するのだ