カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と奇妙な同居生活

人の世話はしない方がいい

人の世話をする職業は

だいたい所得が低く

長時間労働

 

 

保育士、教師、介護士、看護士

 

人手不足で仕事が回らなく

労働基準法違反の長時間労働

身を削りながら

まるで仕事をするためだけに

生きている状態

 

 

人のために何かすること

人のために支援する仕事は尊い

汝の隣人を愛せよ

人のために行動すると徳を積める

自分を犠牲にして人を助けると功徳が積める

 

 

こう刷り込まれているのは

もしや洗脳なのでは…

 

人のために尽くし

人を助け

人を支援し

慈悲の心をもち

霊性を高めて

魂を向上させる

 

みたいなスピリチュアルな言葉が

溢れているが

 

結局、自分を救えるのは自分だけだし

人の世話をするとキリがないし

自分が傷つき、疲弊する

 

 

 

自分を幸せにできるのは

自分だけだ

 

貧困の国や子供を

付け焼き刃的に支援しても

また新たな貧困な子供が生まれるだけだ

 

 

目の前で困っているひとがいたら

手を差し伸べるし

その場では親切にすることを

心がけているけど

 

 

身を削るような行き過ぎた

親切や世話やサービスは

危険でしかない

 

 

人への善意がいいと信じて生きている人は

今、苦しい状況ではないだろうか

 

 

今年は

他者との境界線をひいて

自分の幸せのためだけに

行動してみる

 

他者からみたら身勝手にうつるかもしれないが

自分からみたら

「自分を幸せにしてくれる自分」だ

 

 

自分のために動いてみて

その結果、起こったこと、思ったことは

またいつか綴ってみたい