カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と奇妙な同居生活

鈍感な人間が羨ましい

今日はグチだから

読み飛ばしてください

 

(いつもグチのようなものだけど)

 

端的にいうと

うちに隣接してる一家族が

下品でとても不快なのだ

 

(近所は子供がいても

比較的、上品で

挨拶も普通にするし

マナーをわきまえてるいると思われるが)

 

不運なことに

うちの両隣、裏

全てに遊び盛りの子供がいる

 

全て、うちが越してきてから

新しく家を建てて越してきた家族だ

 

もし今、この近所で家を探すことになってたら

この家には越してこなかった

 

まわりが空き地で静かそうだから

決めたのに

すぐに家が建ってしまった

 

でも夜中まで騒ぐのは

その一家族だけだ

 

夜に散歩していても

子供の騒ぐ声、犬のキャンキャンという鳴き声

子供をどなる下品な怒鳴り声が

そこの家から漏れ出ている

 

子供にペットのような名前をつけて

男言葉で怒鳴りつける母親

 

ものすごく不快である

 

この季節になると

いつもうちと隣接している側で

バーベキューを始める

 

類は友で

下品な言葉使いの輩ばかりが集まり

夜更けまで騒ぐのだ

 

この日記を書いている今も

イスをわさわざこっち側に向けて座り

バーベキューをして騒いでいる

 

イヤホンをして、できるだけ遠くの部屋に

避難しているが

曲と曲の間に、不快な声が聞こえてくる

 

ある意味羨ましい

そんなに外で騒いで

近所に迷惑だろうか、と

気を使わなくてすむ神経

 

悲しいことに、そういう神経の持ち主の方が

この世には多いということ

そういう人の方がどんどん子供を産み

のさばっていく

 

この世の中に

人間を産み落としても

平気な神経の人たちで作った世の中だから

こんな世の中なのだ

 

ではなんで私のような

生きるのに向いてない人間が産まれるのか

昔は子供を産むのが

当たり前の時代だったからなのか

 

 

この神経の過敏さは

父親に似ている

 

父は騒音や不快なことがあると

すぐ直接言いにいくタイプである

夜中に遠くでやっている道路工事に

苦情を言いに行ったこともあるし

 

室外機のうるさい会社が

マンションの階下にあった時も

本社に苦情を言いに行って

予算を組ませたこともある

 

同じくドアの閉開がうるさいと

マンションの階下の店に苦情を言って

修理させたり

 

音だけではない

 

スポーツジムでいつも

トイレから出て手を洗わない人が

たまたま知っている医者だった時も

病院に電話して

「手を洗え」と苦情を言っていた

 

そういう神経質なところを

受け継いでしまったのか

 

下品で不快な人間や音に

強烈にストレスを感じてしまうようになった

 

鈍感力というものが

身につくなら

学んで身につけたい