カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と奇妙な同居生活

「死にたい人」と「生きたい人」をマッチング

以下は妄想です。

 

私のやりたい事業、

「楽に逝きたい人」と「病気だけど生きたい人」

のマッチング

 

もちろん、公にはできませんけども。

需要あると思う。

 

この国は毎年

災害や戦争レベルの自◯者がいる

 

だけどその中には、環境さえ整えば

死ななくてもいい人がいる

 

例えば、

この資本主義に合ってなくて働けない人

人と距離をおかないと苦しい人

時間をかけて治療すれば今すぐ死ななくてもいい人

 

こういう方たちは当方の自然豊かな環境施設で、

ゆっくりと自分らしく生活していただき

それぞれに合うセラピーを受ける

 

 

だけど

人生が終わったと感じる人

回復のみこみのない絶望の中にいる人

自分で逝く時を決めたい人

理由はともかく、逝く決心の固い人

などは、当方の施設で安楽に幇助します

 

そしてその体と、持っている資産などは

当施設に寄付していただきます

 

細胞から血液、臓器、資産を

「生きたい人」に提供します

 

遺された家族やペットの心配がある方には

そのケアまで。

 

亡くなられたあとは

きちんと供養します。

 

当施設はそういった運営に賛成される方の寄付でまかないます

 

そしたら

ある程度は

自◯者を減らせたり

 

ドナーが増えることで

生存率があがる人が

増えたりするんじゃないかなぁ

 

死刑になりたいからと

無差別に他害するような人も

いなくなるのでは・・・

 

いつでも逝けると思えば

心に支えができる人もいるんじゃないかな

 

以上、妄想でした。