カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と奇妙な同居生活

幇助したい

私は

困っている人がいたら

わりと助けたい方である

 

遠くの人を助けに行くような

体力と救助スキルはないが

 

自分の行動範囲の中で

見知った、人や動物を

助けるようなことは

しているつもりだ

 

 

ところが

うつ病になってからは

自分が一番困っている人になった

 

助けて…と思うより

死にたい、と思うようになった

 

夫や夫の家族

愛や思い出

家や車

環境

大事にしてたうさぎ

 

みな失って

 

はやく死にたいと願った

 

薬を飲んで寝込む日々のなか

世の中には

死ぬしかない絶望があることを知った

 

そして私は思った

 

世の中の「死にたい」と願っている人に

安らかに眠ってほしい、と。

 

こわくて、苦しむのが嫌で

失敗することを恐れて死ねない

でも生きていくこともできない人

 

日本の法では安楽死

ずっと不可能だろう

 

だから、法に触れたとしても

切望している人に安からな死を

与えたい

 

そんな想いが

心の奥底にふつふつと

小さなあぶくのように

湧いてきている