カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

死ぬ権利

例えば

自殺をしようとして

 

未遂に終わって死にきれなかったか

 

誰かに助けられたとかで

 

生き延びた人が

「あの時死ななくてよかった」と

言うことがある

 

 

だから

「生きてればきっといいことがある」

という、ほわっとした

説得力のない励ましの言葉が

未だに使われるのだ

 

 

 

でも

世の中には「生きること」に

適応しない人もいるのだと

理解してほしい

 

 

友人Jに

生きていくつらさや、

安楽死のことをいうと

 

やっぱり、ありきたりの

返答がかえってくる

 

何回かの問答のあと

わりと早く

「じゃあ死ねばいいじゃない」という

言葉がでてきた

 

私は「でしょ?」といった。

 

この世界には

この世界で

生きるのに向いてない人がいるのだ

 

ベルギーか、どこかの国では

「生きるのに向いてない」という理由で

安楽死が認められた例があるそうだ。

 

そこまでいくには、何人かの医師の診断が

必要だったと書いてあったが

 

 

そういう前例ができたのには

わずかながら希望がもてる

 

 

生きるのに向いてない人の選択肢が

自殺か、生き地獄しかないのは

野蛮ではないのか

 

相変わらず

若者の死因第1位は自殺だ

 毎年一定数の自殺者が出てくるのは

社会的に仕方がないことなんじゃないかと思う

 

救えると思うのはおこがましい

無理に生かされるというのも虐待になると

そろそろ気づいて欲しい

 

安らかに死を選べる社会が

倫理的に成熟した社会といえるのではないか

 

 

 

 

タバコを作ってみた

私はタバコは吸わない

いっとき、試しに吸ってみたことが

あったが

体にアレルギーがでて辞めた

 

小児ぜんそくだったし、

化学物質にアレルギーのでやすい体質なので

タバコの副流煙が苦手である

 

タバコを吸ってきた人が

同じ部屋に入ってきただけでも

あ、吸ってきたな、と分かるくらい

敏感である

 

だけど

友人Jがウチにきて吸っていたタバコは

煙くなかった

 

Jはタバコの葉っぱを自分で手巻きして

吸っていた

 

そのタバコは、たぶん

化学物質が入ってない

純粋なタバコの葉っぱなんだろう

 

 

私もハーブを使って

タバコを巻いてみた

 

ホワイトセージと

ペパーミントと、

長命草という草を乾燥させて

オリジナルブレンドのタバコを

作ってみた

f:id:nanotherapica:20170723184711j:image

 

わりと、美味しい

これはいけた

煙くないしニコチンもない

 

タバコの先に火をつけて

一服する所作と

煙を吐くという行為が

少しストレスを軽減させてくれるような

 

鬱にもよさそうな気がする

 

 f:id:nanotherapica:20170723184947j:image

 

 

 

 

寂しさはどこから

時々ふっと寂しくなる

 

そんな時はこの

リーゼ

私の友達

 

f:id:nanotherapica:20170715221614j:image

 

寂しい時、希死念慮が出た時

自律神経が乱れて寝付けない時

 

そんな時に一錠、口に放り込む

 

 

離婚して子供のいない私は

周りからすると少数派で

 

一般的には

寂しい部類に入るのだろう

 

例えば周りの人たちが

みんな独りだったら…

 

それでも寂しく感じるのかな

 

 

いろんな人と出会えば

薄まるのかな

 

 

いつか1年くらい、旅してみたいな

 

 

 

サイレントテロはいつかセルフネグレクトになる2

サイレントテロの定義は

ネットにたくさん載ってるが

基本、「◯◯しない」という生き方のことだ

 

 

 

消費しない、結婚しない

子供生まない、働かない

 

私は洗い物が面倒なので

料理しない、極力食べない、

動かない、外に出ない、

のだけど

 

泊まりにきた友人Jは

正反対で

野菜や調味料を買い込み

ガッチャンガッチャン音を立て料理をし

また音を立てて洗い物をし

汚れたテーブルやコンロを拭く

 

何かのエネルギーを生み出している

 

外に出ては汗をかき、洗い物をふやし

洗濯して干して

行動するから仕事が増える

 

 

食べたり、動いたりしなければ

余計な洗い物や仕事は増えないし

その間、休んでいられると考えている

私とは本当に正反対だ。

 

 

何かのエネルギーを発している人は

発したエネルギーが返ってきて

ハツラツとしているし、

この世に合った生き方をしているようにみえる

 

 

自分から発したものは返ってくる、という

法則があるのだとしたら

 

極力◯◯しない、で生きている私は

何のエネルギーも発していないのだから

それが返ってきて

セルフネグレクトになるのも

頷ける話だ

 

 

「いつか死ぬんだから

生きなくてもいいだろう」

 

サイレントテロの究極の思考だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイレントテロはいつかセルフネグレクトになる1

先日、友人(J)が数日泊まりにきた

 

こんな僻地の離島に来てくれる

貴重な友人だ

 

鬱で実家に引きこもっていた一年の間にも

2回も会いに来てくれた

 

私は勤務で

ほとんど一緒に過ごせなかったが

Jは一人旅慣れしているので

一人で泳ぎに行ったり、瞑想したりしていた

 

Jはフリーでパソコンのオペレーターみたいな

仕事をしていて、お金がたまったら

ほとんどを旅費に使いフラッと旅に出ている

宵越しの金は持たない、といったら格好良いが

貯金全然なくて大丈夫なの?と

こちらが心配になる

 

会話にも心配になるワードがでる

 

「◯◯しようとして間違って◯◯になっちゃってさ」とか

 

「◯◯持ってこようと思って忘れちゃってさ」とか

 

「◯◯ってなんだっけ」とか

 

 

多分、ADHDのグレーだと思う

いや見てると、グレーじゃないかも

 

そんな彼女だからこそ

長く付き合えるのかも

 

私のために

色々持って来てくれたり

話してくれたりする

心優しい親友なのだ

 

 

でも空気が読めず

 

夜勤明けで寝ている横で

テレビを見続けたり

花を摘んできて、飲み物用コップに入れたり

 

食器用スポンジで、シンクを洗われたり

火にかけて忘れて、ル・クルーゼを焦げ付かせたり

 

Jといると、

自分の考えの小ささや

心の狭さに気付かされる

 

「自分ならしないミス」を

許せるか、許せないか

 

それよりも

 

部屋を整理してくれたり

食事を作ってくれたり

会いに来てくれたり

 

してもらったことに

意識を向けたい

 

でも次来る時は

民宿に泊まってもらおうかなw

 

 

どんなに親しい人でも家族でも

一緒の空間にいる必要はないのだ

 

温度を変えられたリモコン

整理されてどこにあるか分からない物

ガスコンロ周りの汚れ

大量に発生した生ゴミ

使わないのに買った調味料

 

そんな事でイライラする小さな自分

そんな自分に気付きたくない

 

 

Jが植えてくれた種から

芽が出だした

大切に育てよう

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セル ハラスメント

昨日は夜勤明けなのに

ミーティングがあり

睡眠不足であっという間に

自律神経が乱れた

 

リフレックスを半錠飲み

今日は1日寝ていたけど

疲れがとれない

 

セルフネグレクト

ご飯も食べれず

半日が過ぎ

 

服さえ重く感じて全裸になった

 

服を脱ぐと少し楽になったので

そのまま冷蔵庫をあさり

ヨーグルトを食べ

パンを焼いて

レタスにマヨネーズをかけて食べた

 

明るい部屋で

何気なく目に止まった下の毛

 

白髪が2本!

 

 

離島に逃げようとも

この体からは逃げられぬ

 

富裕層ではないから

労働からも逃げられぬ

 

老いていくだけの体

じわじわ終わっていくのはいやだ

早く終わってよ

だんだん老いて弱っていくなんて虐待じゃない?

細胞によるハラスメントだ

 

 

風呂に入る意欲もなく

 

炊いたご飯に

納豆と梅干しと海苔となめ茸

空腹を少し満たし

 

全裸のまま布団に入った

 

余談だが

全裸で寝ると、睡眠の質があがり

血流がよくなり、疲労回復し

オキシトシンというホルモンと成長ホルモンが

分泌され、免疫力があがり…

とまぁ、体にはいいらしいので

このまま寝てみようと思う

 

 

 

 

自主的な人類絶滅運動

レス•ナイトという人が

自主的な人類絶滅運動というNGOを立ち上げているらしい

 

私と同じ考えの人はやはり

世界にたくさんいるようだ

 

 

「人間は絶滅した方がいい」で検索したら

たどり着いた。

 

 1991年に設立(NGO)

自主的な人類絶滅運動 (じしゅてきなじんるいぜつめつうんどう、英語: Voluntary Human Extinction Movement、VHEMT) とは、人類が子作りを控えることによって、徐々に人口を減らし、最終的に自ら絶滅することを目指す環境運動である。 これを推進しているグループは、人類の絶滅によって環境破壊を防ぐ事ができると考えている。

 

 

 

絶滅とまではいかなくても

超少人数で、いいんじゃないかな

他の動植物の生態系を狂わさない程度の文明と

戦争を起こして環境破壊をしないなら

 

食べる以外の理由で他の動物を殺生しないなら

 

動物実験をしないなら

 

愛と調和を大切に生きるなら

 

 

 

それが無理なら絶滅すべし