カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

質問は暴力

パートのおばちゃんやら

近所のじーちゃんやら

やたら人に質問する

 

「子供はできなかったの?」

「なんで別れたの?」

 

これ、ほんと

暴力だから

 

田舎の感覚なのか

結婚して子供を産むことが

普通と思って育った世代だからなのか

 

 

 

あと、出身は?って聞かれると

答えに困る

 

たまたま生まれたところは関西だが

引っ越しが多くて

長くいたところは東京である

 

しかし親は関西圏に移住している

 

はたしてどこを出身と言えばいいのか

 

「親はどこに住んでるの?」とか

「兄弟は?」とか

 

それが分かってどうするのか

 

 

質問だけならまだしも

「早くいい人見つけなさい」

もう、これウンザリ

 

価値観を押し付けないで!

 

 

自由に生きて

自由に死ぬんだ

 

 

孤独バンザイ

もう他者とは生きられない

 

 

 

タンカー衝突

本当に人間は

環境を汚してばかりで

生態系崩して

 

自分たちは誰にも食べられないのに

他の生き物殺してばかりで

 

人類なんて地球に必要?

 

f:id:nanotherapica:20180215133507j:image

 

滅びてしまえ

 

 f:id:nanotherapica:20180215133800j:image

 

(あまり報道されていないが、外国の船が衝突して積んでいた油が日本に流れ着き、海や浜を汚染している)

 

https://www.google.co.jp/amp/s/www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2018/01/post-9316.php

f:id:nanotherapica:20180215140437j:image

 

自己決定権

人がどのように生活し

どのように生きるかを

自分で決めることを自己決定権という

 

個人的には

自分で何かを決められなくなるような

グループには属さない方がよいと思っている

(国や職場、あらゆる組織)

 

そうすると

自己決定権を100%行使するなら

一人でいた方が良い、ということになる

 

だけど人間は自分一人では

生きられないから

助け合って糧を得る

 

人を助ける時

多少の自己犠牲が発生する

 

それは時間だったり、労力だったり

考え方だったり

 

自己犠牲の割合が多くなると

やはり病んでくる

 

サービス精神の多い人は

注意した方がいい

自己犠牲もほどほどに

 

 

そして、究極の自己決定権は

「死ぬ時を選べる」ということだと

思っている

 

 

wikiにはこう記されている

 

医療上の問題 ———————
ホスピス - 死への心の準備などの精神的ケア
尊厳死 - 本人の意思でいたずらな延命治療を中止する
安楽死 - 患者が苦痛から逃れることを目的に、意図的に命を縮める

—————————————

 

あくまでも、患者が苦痛から逃れる時の

医療的処置として、安楽死があるが

 

普通に健康な人でも

揺るぎない覚悟をもって

死ぬ時を決めれてもいいと思う

 

 

人がやってしまうと自殺幇助になり

犯罪になるというのなら

AIにやってもらう

 

火葬場までは自分で行くから

安楽死の薬を投与し

死を確認したら火葬して

海に散骨

 

それくらいの装置、すぐできるでしょ

 

 

 

 

 

 

体調ギリギリ

頭が痛い

早く寝なくては…

 

毎日ギリギリの体調で

働いている

 

朝起きたら

青汁とアサイー、マキベリーを

牛乳に溶かして飲み

アロエのドリンク、

アリナミンとQPゴールドの錠剤を飲む

場合によりユンケルも

 

日中、葛根湯や

酵素ドリンクを飲み

 

勤務が終われば

スピルリナチョコラBB

プロテインを飲み

 

時々はチアシードのサプリか

ヘンプシードオイルを飲む

 

寝る前にリーゼかデパス

これでなんとか体調を保っている

 

ご飯を食べろ、とひとは言う

 

f:id:nanotherapica:20180210191449j:image

 

 

島を出たら

島を出たら

あまり人とは関わらずに

生きて行く方法を模索する

 

島を出たら

自分を楽しませることを

第一に考えていく

 

誰のエネルギーも奪わず

誰からも奪われず

 

噂話に巻き込まれず

 

人に疲弊しなくてもすむように

距離をとり

 

自分を守り

自分のことを考え

 

誰の期待にも応えず

誰からも頼りにされず

 

他人の価値観に流されず

他人の価値観で評価されず

 

程々に働き

程々にゆったり暮らす

  

こういう考えに行き着かせてくれた

島に感謝しながら…

 

 

新薬の研究

最近、こじらせた思想の

日記が多めだったが

 

うつ病が回復してきて

日々、仕事を通して人に関わる時間や

考えることが増えて

 

もともと根底にあったモヤっとした

思想が固まってきたのだと思う

 

私はたぶん

逃避型のパーソナリティをもっていて

脳の仕組みがそのような思考にさせるのだろう

 

今日みたニュース

 

【2018年に発売予想の新薬まとめ2】

アトピー性皮膚炎と血友病に初の抗体医薬

 http://answers.ten-navi.com/pharmanews/12874/

 

うつやADHDの新薬もある

 

病気を治そうと

新薬の研究をしている人には

頭が下がる思いだ

 

私の「人類は絶滅してしまえ」と

真逆の方にいる人たちだ

 

 

だけど、新薬の研究には

動物実験は欠かせない

 

研究のために生まれさせられ

痛みを与えられ

病気にさせられ

苦しみの中で生き絶える

 

 

研究の中で

犠牲になる動物達のことを思うと

 

やはり、人類滅びろ

という思考に行き着いてしまう

 

ブッダは「子を持とうと思うな」と

言ったらしい

自ら苦行をした果てに

「苦行もするな」と言ったらしい

 

確か、組織を作ったり

偶像崇拝もするな、

と言ったのではないだろうか

 

 

私はこれからも何らかの形で

他者を支援していく事をしたいと思っているが

 

組織に入らず

人と距離を置きながら

自分を守りながら

やりたい事を

模索していこうと思う

 

 

支離滅裂な

独り言になってしまった

 

 

 

 

 

 

若者よ日本から逃げよ

若者に言いたい

 

若くなくても

動けたり学べたりできる人に言いたい

 

日本から逃げられる選択肢を

もっておいた方がいい

 

日本全体が

姥捨山になり

ますます若者や弱者への

エネルギー(お金や労働力や環境)の

搾取がすすむ

 

 

学校から

仕事から

社会から

 

時には家族からでさえも

逃げられる準備を

しておこう

 

いわゆる避難訓練

 

 

あらゆる組織は

諸悪の根源だ

 

日本に生まれてしまった時から

国という組織に捕まっている

 

恩恵も多々あるが

 

年間の

自殺未遂者54万人

変死者(自殺と思われる)18万人以上

 

若者の死因のトップが自殺という

この国で

 

殺人事件は他人よりも家族間が多いという

この国で

 

 

戦争よりも死者を出している環境から

逃げることを誰が責められるだろうか

 

逃げるという言い方に

罪悪感を感じる人にはこう言いたい

 

 

いつでも移動できるように

しておいて

 

「自分で選んでこの場所にいる」

ことができるようになることを

願っている