カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

延命は虐待

昨年末から容態が悪化していた高齢者が

瀕死の状態で今月の3日、

船で運ばれ

本土の病院へ入院した

 

病院までもつか…

船の中で生き絶えるか…という状態で

痙攣もしていた

 

家族は遺影の準備をしていて

長くても2〜3日だと

誰もが覚悟をしていた

 

しかし入院して今日で12日目

点滴治療で、もっているという

 

発言はできないし

口から食べられないが

意識はあり、目で意思の疎通はあるという

 

点滴なしだと、1週間

口から食べず、点滴のみだと

3ヶ月は生きることができるという

 

家族は点滴を拒否すると言っていたが

なんらかの事情で拒否できなかったのだろう

 

死について誰も責任を負えないから

生かす方向で処置をするのだろう

 

楽に逝きたいなら

病院へ行ってはダメだ

 

点滴で水分を入れられたら

苦しみが長くなるだけだ

 

口から食べられなくなったら

自然に死を待つのが理想の死に方だ

餓死になるが、脳内麻薬がでて

楽に逝けるという

 

一見枯れたような肉体になるが

表情はやすらかなのだそうだ