カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島に流れてセカンドライフの健忘録です。

死ぬくらいなら何でもできるでしょという言葉が嫌い

女子高生が校舎から転落したと

ニュースで言っていた

 

それを見ていた周りの人が

うわぁ…かわいそうにと嘆いた

 

「どうしてかしらね

死ぬくらいなら、何でもできるでしょうに…」

と60代のおばさんが言った

 

どんなに歳を重ねて

いろんな経験をつんでも

死にたいと首にロープを巻いたことのない人には

死にたい気持ちが想像もつかないのだなと

思った

 

自殺撲滅運動をしているNPOなどがあるけど

 

本当は死にたくないけど死ぬしかない

という状況の人は救えることはあるかもしれない

 

でも、本当に死にたい人は死にたいんだよ

絶望したり病気になってまで

生きれるほど強くないんだよ

 

死ぬ機会を一時延期させても

苦しみが長引くだけ

「死ぬな」という言葉は無責任だ

 

 

今は私は、希死念慮はいったん

おさまってきているけど

 

これから筋肉が衰えて来て

老いや病気に苦しんだとき

死なないでいられるかは自信がない